旦那が浮気してるかも…?と思ったら|怪しい行動から不倫を調べる方法

なんだか最近パートナーの行動が怪しい。まさかうちの旦那や嫁にかぎって…まさか浮気!?そんな疑惑を抱いたときに見分ける方法をまとめています。万が一、不倫されていたらどうすればいいのか?慰謝料をもらって離婚?それともやり直して再構築?浮気が確定したあとどうすればいいかも書いています。

旦那が同じ相手とまた浮気してるかも…浮気じゃなくて本気なの?別れさせるには?

Q.旦那がどうやら浮気しているようです。
旦那に浮気されるのは二回目で、その上前回と同じ相手と浮気しているようです。
もう、これって浮気じゃなくて本気ですか? 離婚したほうがいいでしょうか?

A.浮気は浮気です。
本気なら、向こうから離婚を要求してくるでしょう。
あなたから「離婚を切り出させる」ために、わざと浮気をしていることをアピールしているだとか、そっけなく接してくるだとか、不機嫌にしているという場合もありますが…そうではないなら、旦那は浮気を楽しみながらもあくまで「遊び」と割り切っているのでしょう。

それでも前回浮気が発覚したのにまた同じ相手と浮気をするということは、一定の愛着があるのでしょう。
でも本気で家庭を捨てて浮気相手に乗り換えるほどではない。楽しくて気持ちいいところだけをつまみ食いしているわけです。

離婚した方がいいか否かですが、これはあなたの気持ち次第です。
浮気されてもそばにいたいなら離婚を選択すべきではありませんし、これ以上いっしょにいられないと思うなら離婚したほうがいい。

別にいっしょにいたくはないし愛も枯れ果てているけれど、子どものことやお金のことを考えると旦那と結婚していたほうがメリットが多いので離婚はしない、というのも、一つの選択です。
その場合、相手から離婚を申し込まれても拒否できるように念のため浮気の証拠を掴んでおきましょう。

二回目の浮気が出来る旦那は三回目の浮気も平気でする

仏の顔も三度までとも、三度目の正直という言葉もありますが、浮気に関しては、「二度あることは三度ある」と思った方がいいでしょう。
病気などという言葉で逃げてほしくないので言いますが、あなたの旦那さんは平気で愛している人を裏切れる人間です。

一度目の浮気、あなたがどうしたのかはわかりませんが、「なぜ同じ相手と浮気してるの!?」と思っている時点で、あなたたは前回の浮気を追求し、もう二度としないでほしいと懇願したのだと思います。
そして、旦那は了承したのだと思います。

浮気された側は本当につらいものです。心から信じていた人に裏切られ、これから何を信じて生きていけばいいのかわからなくなるほど。
心の傷は目に見えないから、怒ったり、泣いたりして、旦那につらさを訴えるしかありません。そして泣いたり怒ったりしなくなっても、裏切られたときの傷は心に残り続けます。

そんなあなたを知っていて、旦那はそれでも浮気が出来る人です。あなたを傷つけても全然平気で、楽しいことや気持ちいいことを優先できる人なのです。
一度目はもしかしたら気の迷いですまされるかもしれませんが、二度目はそうはいきません。
あなたに一度目も許されたから、二度目も許されるだろうと思っています。そして二度目も許されたなら、ますます軽い気持ちで、三度目の浮気をするはずです。

同じ浮気相手とまた浮気…旦那と浮気相手を別れさせるには?

でも、まだ旦那を愛している、もしくは愛してはいないけど浮気相手と仲良くやっているのが許せない場合は、浮気相手と別れてもらいましょう。
旦那に言って浮気相手と別れてもらえないのなら、浮気相手と直接話すのが効果的です。

浮気相手の身元調査についてですが……これは、興信所(探偵)に依頼するのが一番いいと思います。さすがに、旦那の携帯を調べても、浮気相手の氏名生年月日住所まではわかりませんからね……。
逆に、浮気相手の氏名、生年月日、住所がわかっているのなら、正当な理由があれば役所で相手の身元を調べることができます。慰謝料もらいたい場合とかですね。

浮気相手とこちらから接触できるならば、慰謝料も請求できますし、「旦那と二度と会わない、反した場合は慰謝料を払ってもらいます」といった誓約を交わしてもらうこともできます。
「和解契約書(示談書)」といいます。

浮気相手が納得しない場合は裁判沙汰になりますので、そのために、裁判でも使えるような浮気の証拠を抑えることが重要になってきます。これも合わせて興信所(探偵)に依頼してしまいましょう。

とにかく、浮気相手と別れさせたい場合、旦那に言っても効果がないなら、相手に言ってどうにかするしかありません。
禁断の恋(苦笑)に浮かれている旦那ともども、現実の側からガツンと食らわせてやりましょう。

もう耐えられない、旦那と離婚したい!という場合は

あなたが、浮気相手のことはどうでもいい、何度も浮気するような旦那とはやっていけないから離婚したい、という場合は、浮気相手の身元は必要ありません。(浮気相手にも慰謝料を請求したいなら別ですが)

浮気された慰謝料を旦那に請求したい場合も、浮気の証拠を持っておく必要があります。

不貞の証拠として認められやすいのは、ラブホテルに入るとき、出たときの旦那と不倫相手の顔がはっきりうつった写真などです。

浮気の慰謝料は、旦那が浮気していること(不貞行為)および、浮気相手を知ったときから3年間のあいだは請求することができます。

なので、いますぐに離婚するかどうかは決められない、という場合でも、浮気の証拠さえ手に入れておけばどのようにでも料理できるので、迷っているなら証拠集めをしておきましょう。

旦那が同じ相手と浮気している場合の対処法まとめ
いかがでしたでしょうか?

多少なりとも、参考になっていればいいのですが……。

世の中にぜったいはないので、あんまり言い切りたくはないのですが、よりにもよって同じ相手と二回目の浮気をするような男性は、たぶん、次も浮気すると思います。

だって、こちらの心の傷なんか全然気にしてないのです。
心の傷は見えないから、どれだけ傷ついているか、さっぱりわかっちゃいないのです。

こちらがどれだけ傷ついているかわからせたくて、泣いたり怒ったりしていたら、今度は「いつまで過去のことで怒ってるんだ」なんて被害者ヅラをしてまた浮気の理由にするような人もいます。

あなたの旦那さんがそんな人でないといいのですが……。
どうか、あなたがすこしでも幸せになれる道を選択できるように、お祈りしています。