旦那が浮気してるかも…?と思ったら|怪しい行動から不倫を調べる方法

なんだか最近パートナーの行動が怪しい。まさかうちの旦那や嫁にかぎって…まさか浮気!?そんな疑惑を抱いたときに見分ける方法をまとめています。万が一、不倫されていたらどうすればいいのか?慰謝料をもらって離婚?それともやり直して再構築?浮気が確定したあとどうすればいいかも書いています。

旦那の浮気が原因で離婚する場合、慰謝料ってどのくらい貰えるの?相場は?

旦那が浮気をした。
もう信じられない! 許せない! もうこれからずっといっしょにはいられない!!

離婚だ!!

と、なったとき、しかし離婚後の生活のことを考えると心もとないものがありますよね。
子どもがいればなおさら。

そう、お金の話です。

というわけで今回は、「旦那の浮気が原因で離婚する場合、慰謝料ってどのくらい貰えるのか」ということについて、紹介したいと思います。

旦那の浮気が原因で離婚する場合の慰謝料の相場は100~300万

旦那の浮気が原因で離婚する場合の慰謝料の相場は、だいたい100万~300万だそうです。

100万?すっくな!!

と、思いません? 正直私は思います(笑)。
旦那のせいで人生ムダに過ごして、しかも×までつくんだからやってられないですよね。1000万とか1億円とか請求したいです。傷つけられた怒りはお金じゃ解決しないですけどね。

ちなみに、離婚するかしないか、別居するかしないか、などによって相場は変わります。

おもに増額する要因は、

  • 結婚生活の長さ
  • 不倫期間の長さ
  • 旦那の給料
  • 子どもへの影響

などによって変わってきます。

もちろん、養育費などとは別ですよ。
だって、浮気の慰謝料は、旦那が浮気したことへの精神的苦痛を和らげるためのお金なので。
子どものためのお金とは別口です。

旦那から浮気の慰謝料をもぎとるには「不貞行為をしていたとわかる証拠」が必要

基本的には、話し合いで決めますが、相手が浮気を認めなかったり、交渉が決裂した場合は、裁判になります。

裁判になると、旦那が浮気をしていた証拠をどれだけ集められているかが勝負になります。

「不貞行為の有無」が問題になるわけですが、かんたんに説明しますと、ようは浮気相手とセックスしていたかどうか、です。

だから、裁判の場では、ラインの「昨日はすてきだったよ♡」「また会いたいな♡」とかいう殺意の湧くラブメッセージは、証拠として使えません。
これだけではセックスしたかどうか、判断できないからです。

浮気相手と旦那が、路チューでもしているところを写真にとったとしても、不貞行為は証明できないのです。

使えるのは、旦那と不倫相手の顔がしっかりと映った、ラブホテルに入っていくところ、出てくるところの写真です。
自分でなんとかするには、だいぶハードル高いですよね。

もちろん、セックスをしたとわかるようなラインのメッセージ。
そのメッセージの前日に、ラブホテルに入っていったという、GPSの追跡データ。
ラブホテルで使用したのがわかるクレジットカードの明細。

などと証拠がそろっていれば、勝てる可能性は上がります。

どちらにしろ、旦那が相手とセックスしていたとわからなければ、浮気の慰謝料はもらえないのです。

できるだけ多く慰謝料をふんだくりたいなら、それだけ説得力のある証拠が必要になります。

自力で浮気の証拠を掴むのは難しい。探偵に依頼することも考える

正直、自力で裁判にも使える浮気の証拠を掴むのは、だいぶ難しいです。

どれだけ上手く行って写真がとれても、さらにそこから浮気相手の身元調査も必要になる場合がありますからね。

もし、確実に旦那が浮気していて、離婚するかしないかは別にしろ、慰謝料はしっかりもらう心づもりなら、興信所に依頼して、証拠を金で買うのもアリだと思います。

高いですけどね。どれだけ頑張って安くしても、10万以上は覚悟しないといけません。ブランドバッグ買えますね(苦笑)。

離婚しない場合は、慰謝料安くなりますけど、上乗せもできますし、高くなってもトントンくらいで済むでしょう。
あとから取り戻せると考えれば……まあ高いですけど。それでも。

でももしあなたが一人で頑張っているなら、相談できる相手、専門家といっていい味方ができますから。
マジで追い詰められている人は、相談するのもアリだと思いますよ。